くらし

※このお知らせは2021年7月5日に書かれました。最新情報をご確認下さい。

若者がターゲット! 美容医療サービスのトラブル

若者の美容医療サービスのトラブルが増えています。

事例

「10万円の全身脱毛」のSNS広告を見て、クリニックへ出向いたところ、「広告の施術は効果が低い。別の施術の方がよい。本来70万円のコースを特別に60万円にする」と勧められ、契約してしまった。解約したい。

解説

親権者の承諾なしに契約できる20歳代の美容医療サービスに関する相談件数が未成年者に比べ10倍以上となっています。
令和4年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられることから18歳・19歳のトラブルが増えることが懸念されます。

トラブルに遭わないために

  • 「今日契約すれば割引く」などと急かされても、即決・即日施術しない
  • 根拠のない「満足度○%」などの表示や「モデル・女優の△△さんが当院に来院しました」などの広告をうのみにしない
  • 施術前にリスクや副作用について確認する

契約は例外を除いて、原則一方的には解約できません。契約は慎重にしましょう。

問い合わせ

くらしの安全課
TEL:0550-82-4123