くらし

賃貸借契約を理解してトラブルを防ごう!

  新たな生活を始める際に住居の賃貸借契約をすることが多くなります。そこで、賃貸借契約のトラブル防止のポイントを紹介します。

トラブルにならないために

契約時

契約書類の記載内容や賃貸物件の現状を確認する。

  • 禁止事項、修繕に関する事項、退去に伴う費用負担を確認する。
  • 貸主側と一緒に現状を確認する。
  • 入居時にキズや汚れなどの写真を撮る。

入居中

雨漏りやトイレの水漏れなどのトラブルが発生したら、すぐに貸主側に相談する。

退去時

精算内容を確認し、納得できない点は貸主側に説明を求める。

  • 納得できない費用を請求された場合は、国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルガイドライン」を参考に、費用負担について話し合う。
  • 貸主側と一緒に物件を確認する。
  • 修繕が必要と思われる箇所の写真を撮る。