くらし

電気代が安くなる! 電力契約の訪問販売トラブル

電力小売価格の自由化によるトラブルの事例を紹介します。

事例

賃貸アパートに入居し、電気の開通手続きを行った。その後「大手電力会社の委託を受けて来ました」と訪問があり、電気代が安くなるので検針票を見せるように言われ、見せると何かを記録して帰った。書面などは受け取っていない。大手電力会社との手続きは済んでいるのに不審だ。

対処法

  • 「大手電力会社の委託を受けている」と言われたら、会社の情報や訪問の目的を必ず確認しましょう。
  • 「検針票を見せて」と言われても検針票を直ぐに見せない、番号なども教えないようにしましょう。
  • 訪問販売で契約した場合はクーリング・オフが出来ます。書面をもらっていない場合は8日以上経っていてもクーリング・オフが出来ます。

困った時は早めに消費生活センターへご相談ください。

問い合わせ

消費生活センター(くらしの安全課)
TEL:0550-83-1629