教育・文化・スポーツ

御殿場市立図書館

「御殿場市立図書館等整備基本計画」(案)に対するパブリックコメントの実施(結果の公表)

御殿場市立図書館は、令和3年1月に策定した「御殿場市立図書館等整備基本構想」に基づき、郷土資料館を複合化した新図書館の整備事業を進めています。
この度、基本構想に基づいたより具体的な計画として策定した「御殿場市立図書館等整備基本計画(案)」に対するパブリックコメントを実施しました。その結果についてお知らせします。
なお、提出に際して要件を満たさなかったご意見(氏名等の必要事項が記載されていない場合等)につきましては、正式なご意見としてお取り扱いできませんでしたので、ご了承ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。

御殿場市立図書館及び富士山市民のサロンけやきかん指定管理者募集のお知らせ(受付終了)

御殿場市立図書館及び富士山市民のサロンけやきかんにおいて指定管理者制度を導入するにあたり、令和5年度から令和7年度までの期間の指定管理者選定について新たな事業やサービスの更なる向上等を期待し公募により行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。

御殿場市立図書館等基本計画及び基本・実施設計業務委託に係る公募型プロポーザルの実施(結果の公表)

令和3年度から令和5年度にかけて実施する御殿場市立図書館等基本計画及び基本・実施設計業務委託について、柔軟な発想力及び設計能力を有する受注者を選定するために公募型プロポーザルを実施しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

「あなたの想いが未来を変える!」新図書館の整備に向けた市民ワークショップ の開催

現在、取り組みを進めている新図書館等整備事業における基本計画の策定にあたり、市民の皆さんと一緒に新図書館について考え、検討していくために、3月から5月にかけて市民ワークショップを開催しました。
また、6月には、市内の小学生の夢や希望を計画に反映するために、小学校に出張し、小学生ワークショップを全2回開催しました。

※ワークショップで話し合った内容を市民の皆様へお知らせするために、開催結果の概要をまとめた「かわらばん」を掲載しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

御殿場市立図書館等整備基本構想を策定しました

新図書館等の整備に向けて、現況・課題の整理、市民アンケート結果、実現可能な望ましい機能の検討、整備・活用のイメージなどをまとめた「御殿場市立図書館等整備基本構想」を策定しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

御殿場市立図書館の対応

御殿場市立図書館では、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策を徹底した上で、入館・利用を制限し、開館しています。

利用制限内容

<本館>

  1. 開館時間は 9:00から21:00までとします。
  2. 利用者インターネット端末をご利用いただけます。機器はご利用毎にアルコール消毒いたします。
  3. 飲食コーナー、リスニングコーナーは利用できません。

<富士岡地区館>

  1. 入館人数の制限は廃止しますが、館内が密となる状況を避けるため、入館をお断りする場合があります。
  2. 開館時間は13:00から17:00までとします。

<移動図書館車ライオンズ号>

  1. 入館人数の制限は廃止しますが、館内が密となる状況を避けるため、入館をお断りする場合があります。

その他感染症拡大防止対策

  • 少なくとも1時間に1回は換気を行います。天気の良い日は窓を開放します。
  • 受付に飛沫感染防止のビニールシートを設置します。
  • カウンター前に通路を設け、待機者の間隔を2m以上保ちます。
  • 入口及び館内に消毒液を設置します。また、来館者に消毒や手洗いの呼びかけを行います。
  • 返却された本は消毒を行ってから本棚へ戻します。
  • トイレは便座、ドアノブ、蛇口を1時間毎に消毒します。
  • 開館前、閉館後、及び2時間毎に、検索用PC、ドアノブ、手すり、文房具等の接触頻度の高い部分を消毒します。
  • 移動図書車は出館前、各ステーション出発前、帰館後に、ドアノブ、手すり、文房具等の接触頻度の高い部分を消毒します。

来館者へのお願い

  • 37.5度以上の発熱がある方、平熱より1度以上体温が高い方、息苦しさや強いだるさがある方、咳やのどの痛みがある方は来館をご遠慮ください。
  • 来館の際にはマスクの着用をお願いします。
  • 手・指の消毒や手洗いの励行にご協力ください。
  • ソーシャルディスタンス(2メートル)を保ってのご利用を心掛けてください。

新型コロナウイルス感染症の影響によるイベント中止

  • 毎月第3日曜日に実施していた「リサイクルブックスデー」は廃止し、常設の「リサイクルブックス」コーナーを始めました。

御殿場市立図書館

御殿場市立図書館は市民に広く献本を呼びかけ、これらの寄贈図書をもとに昭和45年に開館しました。その後利用が多くなり建物も老朽化したため、昭和56年11月3日に新館がオープンしました。開館以来、市民の資料・情報センターとして多くの皆さんに愛され、利用されています。令和元年度には24万人以上が利用し、約50万冊(点)の本などが貸し出されました。現在の蔵書数は約27万7千冊です。

蔵書検索システム利用のご案内

蔵書検索システムは、インターネットで御殿場市立図書館内にある資料の検索と予約等を行うことができるサービスです。インターネット環境のある方であれば、検索はどなたでも利用できます。予約、貸出期間の延長、マイ本棚、新着資料配信サービスに関しては、市内在住・在勤・在学の方であれば利用できます。

それらの機能を利用するためには、事前に図書館の利用者登録とパスワード・メールアドレスの登録が必要です。(資料の検索のみ行う場合は必要ありません。)

蔵書検索システムでは、ブラウザの【戻る】ボタン等を使用すると正常に動作しない場合があります。画面内のボタンおよびリンクを使用してご利用ください。

利用開始の手続きについて

新規に利用者登録を行う場合は、「利用登録申込書」に記入して図書館の受付カウンターにてお申込み下さい。お申込の際は、本人の住所確認ができる証明書(運転免許証・保険証など)をお持ちください。

既に利用者登録のお済みの方は、図書館の受付カウンターで仮パスワードを発行できます。お申込の際は、利用者カードをお持ちください。

メールについて:貸出可能になったときのご連絡をメールでお知らせします。事前にメールアドレスを取得し、メールの受信ができるようにしておいてください。 また、届いたメールには返信しないようお願いいたします。

ログインについて

蔵書検索システムでログインするには、 利用者カードの番号とパスワードが必要です。

蔵書検索システムでの予約

予約および予約取消の確定には、図書館の利用状況により時間がかかる場合がありますのでご了承ください。予約処理が完了すると、「利用状況参照」にて確認できます。

  • 予約できる資料は図書館で所蔵している資料のみで、10冊(雑誌を含む)までです。(令和3年12月より、貸出中の資料だけでなく、棚に並んでいる資料も予約が可能となりました)
  • 視聴覚資料は予約できません。
  • 同じ資料への2件以上の予約、ご自身がお借りの資料への予約は無効となります。
  • 上巻・下巻本、シリーズ本等のセットでの取り置きはいたしません。同時に予約されても、希望の巻が先に貸出し可能となる保証はできません。取り置き期限を過ぎれば予約は解除されます。
  • 蔵書検索システムで予約受付が完了した場合でも、図書館の利用状況により予約ができない場合がありますのでご了承ください。
  • 閉館時間中に返却ポストに返された資料は、翌開館日に返却処理をしますので、処理が完了するまで「利用状況参照」は更新されません。 しばらくたってから「利用状況参照」をご確認ください。
  • 予約した資料は、処理完了後しばらくたってから「利用状況参照」をご確認ください。

※予約資料の取り置き期限は1週間です。取り置き期限を過ぎても受け取りがない場合は、自動的に予約が取り消されますのでご注意ください。

蔵書検索システムでの貸出期間の延長

令和2年9月1日から、システムで貸出期間の延長ができるようになりました。延長は、次の予約が入っていない場合に1回のみ可能で、資料を延滞中の方は延長ができません。延長の期間は入力日から2週間です。

簡易検索

入力した文字がタイトル、著者名、キーワードなどのどれかに含まれる資料を検索します。検索結果から予約することができます。

詳細検索

タイトル、著者名、出版社などの条件を入力して資料を検索します。検索結果から予約することができます。

新着検索

図書館で受け入れた図書、雑誌、視聴覚資料を検索できます。

利用状況

借りている資料と予約している資料がわかります。

マイ本棚

過去に借りた本を一覧で見ることができます。利用にはニックネームを設定する必要があり、ニックネーム設定後に借りた本を、マイ本棚で見ることができるようになります。「マイページ」の「登録情報」の「マイ本棚カテゴリ管理」から、自分でカテゴリを設定して分類することもできます。また、蔵書検索から本を検索し、「本棚に登録する」を選択すると、マイ本棚に興味のある本のリストを作ることもできます。

新着資料配信サービス導入のお知らせ

新着資料配信サービスは、利用者が登録したテーマを検索のキーワードとして、定期的に新着資料の情報をメールで自動配信するサービスです。
令和2年12月1日(火)から登録ができるようになりました。

利用開始までのステップ

  1. 図書館の利用カードを作る。(すでに利用カードをお持ちの方は不要)
  2. 図書館の受付カウンターでパスワードを発行する。
  3. 蔵書検索システムにログインする。
    ・ログインはここから
  4. メールアドレスを登録する。
  5. 「新着テーマ参照」でフリーワード・書名・著者名等を入力する。
  6. 毎週金曜日の午後6時頃にメールが配信される。

パスワード、メールアドレスの忘失/変更について

パスワード、メールアドレスを忘失した場合、または変更したい場合は、お手数ですが図書館本館の受付カウンターでお申込ください。 

携帯電話・携帯端末でのご利用

携帯電話・携帯端末にて蔵書検索システムをご利用の際は、以下のURLを入力して携帯端末用ページにアクセスしてください。

携帯端末用ページURL : https://ilisod001.apsel.jp/gotemba-library/wopc/pc/mSrv?dsp=TP

会議室等の利用について

御殿場市立図書館の会議室・和室を有料で貸し出しています。
※令和4年6月23日から、御殿場市立図書館2階の会議室・和室を有料で貸し出すこととなりました(予約制)。なお、生涯学習を行う公共的団体が公益のために利用する際の利用料金は、通常料金の半額となります。

  • 予約は原則、利用日の半年前から3日前までです。
  • 予約の際は、図書館へ問い合わせてください。

利用料金表

市民の通常利用に対し、市外の方の利用は150%、営利目的の利用は200%を乗じた額となります。
御殿場市立図書館

御殿場市立図書館

御殿場市立図書館イベントカレンダー

関連リンク

おうだんくんサーチ(静岡県横断検索システム) 静岡県立中央図書館 ホームページ