くらし

社会資本総合整備計画(防災・安全)

 社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。平成24年度補正予算において、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みを集中的に支援するため、防災・安全交付金が創設されました。

御殿場市では、防災・安全交付金を活用し、建築物等の耐震化、狭あい道路整備等に関する事業等を実施しています。

 社会資本総合整備計画

地方公共団体が「社会資本整備総合交付金」又は「防災・安全交付金」により事業を実施しようとする場合には、「社会資本総合整備計画」を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。

また、計画を作成したときには、公表することとなっています。市では以下についての計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

 令和3年度~令和7年度

御殿場市における住宅・建築物の安全性の向上(R3-R7)【PDF:8KB】

事前評価(R3-R7)【PDF:4KB】

 平成28年度~平成32年度(令和2年度)

※計画期間終了

御殿場市における住宅・建築物の安全性の向上【変更第1回目】(H28-H32)【PDF:716KB】

事前評価【変更第1回目】(H28-H32)【PDF:212KB】

 平成22年度~平成27年度 

※計画期間終了

御殿場市における住宅・建築物の安全性の向上(H22-H27)【PDF:100KB】

事前評価(H22-H27)【PDF:32KB】

事後評価書(H22-H27)【PDF:176KB】

 問合せ

建築住宅課  TEL:0550-82-4224