健康・福祉・子育て

11月11日は介護の日です。この機会に高齢者虐待について考えてみませんか

「虐待」というと、殴る・蹴るなどの暴力を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、高齢者虐待には暴力だけでなく、閉じ込める・怒鳴る・必要な医療や介護サービスを受けさせない・世話をせず放置する・年金を使い込むことなども含まれます。

介護をしている人が長年の介護に疲れきってしまい、追い詰められて虐待が発生してしまうことがあります。また、虐待について知らないことが原因で、無意識のうちに高齢者の人権を侵害してしまう場合も少なくありません。

介護をするのが辛い時、疲れてしまった時は1人で抱え込まずに相談して下さい。

あざがある、怒鳴っている声が聞こえる、いつも怯えているなど、周りにいる高齢者のことで気になることがあったら、迷わず報告してください。通報者の秘密は守られます。

今回、高齢者虐待について考える取り組みとして、市内の公民館や公共施設・医療機関などにポスターを掲示しているほか、ご自宅で介護を受けている方を対象にチラシの配布をしています。

 普段はあまり考えることのない高齢者虐待。この機会に一度考えてみませんか。

高齢者虐待

相談先

  • 地域包括支援センター十字の園 (御殿場地区担当)
    (御殿場・深沢・東田中・鮎沢・二枚橋・栢の木・西田中・北久原・仁杉)
    TEL:0550-84-5950
  • 地域包括支援センターさくら通り(御殿場地区担当)
    (東山・二の岡・新橋・湯沢・萩原・永原)
    TEL:0550-70-3331
  • 地域包括支援センターあすなろ(原里地区・印野地区担当)
    TEL:0550-89-7929
  • 地域包括支援センター菜の花(玉穂地区・高根地区担当)
    TEL:0550-70-6804
  • 地域包括支援センター富岳(富士岡地区)
    TEL:0550-87-6873
  • 市役所長寿福祉課
    TEL:0550-83-1463

問い合わせ

長寿福祉課
TEL:0550-83-1463