健康・福祉・子育て

在宅医療・介護連携推進事業

在宅医療・介護連携推進事業とは?

急速に少子高齢化が進む中、日本では、2025年までにいわゆる「団塊の世代」が全て75歳以上となり、超高齢社会を迎えます。そのような中でも、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の医療・介護の関係機関が連携して、包括的かつ継続的な在宅医療と介護を一体的に提供できるよう地域の関係機関の連携体制の構築を推進するものです。

いきいき健康講座(出張講座)

在宅医療・介護連携を推進するためには医療機関や介護系事業所が連携するだけでなく、地域住民が在宅医療や介護について知ることで、実際に在宅での療養が必要になった時に必要なサービスを適切に選択することが出来るようにすることも重要です。

「いきいき健康講座」では、医師や歯科医師、薬剤師などの各分野の専門職が地域へ出向き、それぞれの専門のテーマについて講演をします。また、地域包括支援センターの在宅医療・介護連携コーディネーターが在宅医療・介護連携推進について説明を行います。

費用

無料

申し込み

申込用紙を記入し長寿福祉課に提出。(10名以上から申し込みを受け付けます)
※詳細はチラシをご覧いただくか、担当課にお問い合わせください。

資料

問い合わせ

長寿福祉課 0550-83-1463