スマホ決済による水道料金・下水道使用料等のお支払い対応について

令和3年5月より順次、スマホ決済サービスを利用して、水道料金・下水道使用料等をお支払いいただける様になります。

納入通知書に記載されたバーコードをスマートフォンで読み込むことにより、いつでもお支払いができます。(読み込みには、専用のアプリが必要です。)

1.支払いができる料金等

  • 上水道料金
  • 簡易水道料金
  • 公共下水道使用料
  • 農業集落排水処理施設使用料
  • 富士見原住宅団地汚水処理施設使用料

2.利用の流れ

  1. お持ちのスマホでアプリを起動
  2. 納入通知書のバーコードをスキャン
  3. 内容を確認して支払ボタンを押して完了

3.利用可能なスマートフォン決済アプリと利用イメージ

  1. PayPay」(PayPay請求書払い)
    https://www.dsk-ec.jp/products/shuunou/support/paypay/ (外部サイトへリンク)
  2. LINE Pay」 (LINE Pay請求書支払い)
    https://www.dsk-ec.jp/products/shuunou/support/linepay/ (外部サイトへリンク)
  3. PayB」(PayB払込票決済)
    https://www.dsk-ec.jp/products/shuunou/support/payb/ (外部サイトへリンク)
  4. au Pay」(au Pay請求書支払い)
    https://wallet.auone.jp/contents/lp/billpayment/index.html (外部サイトへリンク)
  5. 楽天銀行」(アプリ払込票支払い)
    https://www.dsk-ec.jp/products/shuunou/support/rakuten/ (外部サイトへリンク)
  6. 銀行Pay」(ゆうちょPay等)
    https://www.dsk-ec.jp/products/shuunou/support/yuchopay/ (外部サイトへリンク)

 

※利用方法や利用上限額等は、各アプリによって違いがあります。詳細については各アプリのホームページをご覧ください。

※「LINE Pay」「PayB」「楽天銀行」「銀行Pay」は令和3年5月6日から、「PayPay」「au Pay」は令和3年5月17日から利用できます。

4.注意事項

  • コンビニなどの店頭で、スマホを提示してお支払いする方法ではありません。
  • バーコードが印字されていない納入通知書(金額が30万円を超えるもの)はお取扱いできません。
  • 領収書は発行されません。領収書が必要な場合、コンビニや金融機関でのお支払いをお願いします。
  • お支払い完了後、領収印のない納入通知書がお手元に残りますので、二重にお支払いしないようご注意ください。
  • ご利用にあたって手数料はかかりませんが、アプリのダウンロードやご利用にかかる通信料はお客様のご負担となります。
      
Top