市内小中学校再開に伴う早朝通学路指導・登校見守り活動

登校見守運動

期日:令和2年6月1日(月)
会場:原里小学校前交差点

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、休校していた市内の小中学校が6月1日から再開しました。

原里小学校には、学校再開のこの日を待ちわびた多くの児童が元気よく登校しました。

早朝にも関わらず、交通安全指導員や地域安全推進員、保護者、警察官など多くの皆さんが交差点で横断歩道を渡る児童を微笑ましく温かい目で見守り、児童は「おはようございます」としっかり挨拶しながら、密にならない様に分散して登校しました。

過去に例の無い長期の休校措置により、教育の遅れや学校生活など不安も多くあるかと思いますが、学校、保護者、地域、教育委員会、市がしっかりと連携し、児童をこれからもしっかり見守っていきたいと思います。

㈱アジア通信社から医療機関及び放課後児童クラブ向けにマスク1万400枚・防護服100枚の寄附を受ける

期日:令和2年5月8日(金)
会場:市役所

㈱アジア通信社から市内の医療機関及び放課後児童クラブ向けに新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、マスク1万400枚・防護服100枚を寄附いただきました。

今回の寄附は、多くの在日中国人及び中国人観光客を代表して、これまで多くの中国人がお世話になった御殿場市の医療機関に感謝の意を表するため㈱アジア通信社から、御殿場市医師会(徐氏代理 御殿場市医師会理事 富井 明望(富井医院院長)さん)を通じて寄贈頂きました。

防護服は、御殿場市医師会を通じ最前線でご活躍いただいている医療機関等に配布し、子ども用マスクは、現状ではなかなか入手できない状況が続いているため、放課後児童クラブを利用する児童等に配布し、それぞれ使用させていただきます。

◯寄附者:㈱アジア通信社(東京都港区赤坂)

代表 徐 静波(ジョ セイハ)様

◯寄附物品:マスク1万400枚(大人用8,000枚・子ども用2,400枚)、医療用防護服100枚