くらし

市民向け新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス感染症により影響によりお困りの方は、下記の制度が活用できます。

特別定額給付金(4/21更新)

特別定額給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、総務省が「特別定額給付金コールセンター」を設置しましたのでご案内します。

特別定額給付金コールセンター
TEL:03-5638-5855
応対時間:午前9時〜午後6時30分(土日・祝日を除く)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
総務省 特別定額給付金(外部リンク)

水道基本料金を全世帯半年間無料にします(5/13更新)

新型コロナウイルス感染症対策として、市民や事業者の生活、経済活動を支援するため、上水道・簡易水道の基本料金を半年間全世帯無料とします。
詳しくは下記をご覧ください。

地方税における猶予制度

新型コロナウイルス感染症の影響により、納税が困難な方に対し、地方税の猶予制度があります。
詳しくは下記をご覧ください。

軽自動車税(種別割)に係る取扱い

令和2年4月1日を賦課期日とする軽自動車税(種別割)の取扱いについて、詳しくは下記をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の事業収入などが一定程度減少した世帯は、国民健康保険税が免除又は減免となる場合があります。
詳しくは以下をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響により、介護保険第1号被保険者が属する世帯の主たる生計維持者の事業収入などが減少した被保険者について、介護保険料の減免を実施します。
詳しくは以下をご覧ください。

緊急小口資金特例貸付

新型コロナウイルス感染症の発生が要因となり、それによる休業や失業などで一時的又は継続的に収入が減少したことで生活費にお困りの世帯に対して、必要と認められる場合に貸付が行われます。
詳しくは下記をご覧ください。

住居確保給付金

離職や新型コロナウイルス感染症に関連し収入が減少した方に対し、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額(限度額あり)を家主に支給します。

対象要件等と支給限度額

世帯の収入と預貯金等の資産が基準以下の世帯に対し、支給限度額を上限に家賃相当費を、原則3か月間支給します。

  1. 収入基準(月額)
    1人世帯115,200円、2人世帯160,000円、3人世帯188,300円
  2. 預貯金等資産
    1人世帯468,000円、2人世帯690,000円、3人世帯834,000円
  3. 支給限度額
    1人世帯37,200円、2人世帯45,000円、3人世帯48,300円

問い合わせ

社会福祉協議会
TEL:0550-70-6801
対応時間:午前9時〜午後5時(土日・祝日を除く)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話相談と郵送申請となります。

食料支援(フードバンク事業)(5/14更新)

新型コロナウイルスなどの影響で収入が減少し、生活に困窮した世帯への食料支援として、フードバンク事業を行っています。

食料の支援を受けたい方は、直接、御殿場市社会福祉協議会にお問い合わせください。

また、現在、食料支援の必要な世帯が増加しており、提供する食料が不足するおそれがあります。
食料の寄付をいただける方は、御殿場市社会福祉協議会または、市役所社会福祉課にご連絡ください。

※フードバンク事業とは、賞味期限内でまだ十分に食べられるにも関わらず、箱が壊れていたり、印字ミスなどで販売できない食品などを、企業や家庭から寄付してもらい、必要とされる方に無償で提供する活動です。

問い合わせ

社会福祉課
TEL:0550-82-4239
社会福祉協議会
TEL:0550-70-6801

生活にお困りの方への食料支援について(社会福祉協議会ホームページ)

新型コロナウイルス関連情報

その他の新型コロナウイルス関連情報はこちらをご覧ください。