行政情報

※このお知らせは2018年8月3日に書かれました。最新情報をご確認下さい。

「御殿場桜まつり・夜桜ライトアップ」が第14回日本夜景遺産に認定されました

毎年、春に行われる「御殿場桜まつり・夜桜ライトアップ」が日本を代表する夜景資源として、第14回「日本夜景遺産」(ライトアップ夜景資産)に認定されました。

御殿場桜まつり・夜桜ライトアップ

御殿場市では 毎年4月上旬に秩父宮記念公園と、御東原循環線、平和公園、東山観音堂、富士山樹空の森、御殿場高原時之栖などで「御殿場桜まつり」を開催し、各会場に咲き誇る満開の桜を見ようと市内外から多くの人が訪れます。

御殿場桜まつりでは、一部を除く各施設で日没から20時30分まで桜のライトアップを実施しています。漆黒の夜空と光に照らし出された薄桃の桜とのコントラストは幻想的で、昼間とは違った景観を生み出し、多くの人々を魅了しています。特に、メイン会場となる秩父宮記念公園内のかやぶきの母屋に寄り添うように咲く樹齢130年余りの3本の枝垂れ桜は、「生涯最高の枝垂れ桜」と呼ばれ、ライトアップされた姿は思わず息をのんでしまうほどの美しさです。

 

御殿場桜まつり・夜桜ライトアップ
御殿場桜まつり・夜桜ライトアップ

 

日本夜景遺産

日本各地に埋もれている美しい夜景を再発見、発掘し、一定の価値を付与することで、観光資源としての成立を目指し、認定された夜景の価値を内外に訴求する活動です。夜景による国内初の認定ブランドとして平成16年よりスタートし、平成30年が14回目の活動となります。平成30年度までに、全国で237箇所、静岡県内では、御殿場市を含む7箇所が認定されました。夜景の種別として、自然夜景遺産、施設型夜景遺産、ライトアップ夜景遺産、歴史文化夜景遺産の4種類があり、今回の「御殿場桜まつり・夜桜ライトアップ」は、ライトアップ夜景遺産での認定となります。

主催者

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー

日本夜景遺産ホームページ

問い合わせ

都市計画課
TEL:0550-82-4231