行政情報

富士山を活かした景観づくりに対する企業のみなさまへ寄附のお願い

御殿場市では「富士山眺望地保全活用プロジェクト」を立ち上げ、富士山を活かした景観づくりを進めています。このプロジェクトの実施をするに当り、整備資金の確保に企業版ふるさと納税を活用します。
日本人の心のふるさとであり世界遺産でもある、富士山の麓にふさわしい優れた景観を整備するための本事業に企業の皆様のご協力をお願い申し上げます。

富士山眺望地保全活用プロジェクトとは

御殿場市エコガーデンシティ構想のプロジェクトの一つで、豊かな自然と景観を有する箱根山系の保全と活用を進めていくものです。
箱根やまなみ林道(広域基幹林道北箱根山線 二の岡~神山地先)周辺からの富士山の眺めの素晴らしい場所に展望スペース等の整備をし、この景色を後世に残していくために保全していくプロジェクトです。
この整備をすることで、市内に訪れる観光客の滞在時間を増やし、周辺施設の利用を増やすことにより地域経済の活性化を図ります。

富士山眺望
プロジェクト候補地からの富士山眺望
(富士仏舎利塔平和公園付近)

企業版ふるさと納税とは

地方公共団体が行う地方創生の取組に対する企業の寄附について法人関係税を税額控除する仕組みのことです。
この制度を活用することにより税の軽減効果を最大約9割受けることができます。
このほかのメリットとして、地方創生に貢献する企業としてPRでき、当市との新たなパートナーシップの構築が図られること等により、SDGsを通じた企業の価値向上等が期待できます。
なお、協力いただいた企業は市HP等で公表します。

実施期間

令和2年度~令和6年度

企業版ふるさと納税概念図

留意事項

  • 御殿場市に本社が所在する企業からの寄附は対象外となります(この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所又は事業所」のことをいいます)。
  • 1回当り10万円以上の寄附が対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  • 寄附を行う事業が完了していなくても寄附はできますが、事業費の範囲内での寄附となりますので、詳細についてはお問い合わせください。

ふるさと納税の方法は

寄附いただける場合は、以下の手順に沿って手続きをお願いします。

  1. 申出書【PDF:44KB】を市に提出してください(寄付金額については、事業費の範囲内の寄附となりますので、事前にお問い合わせください)。
  2. 申出書の内容に基づき市から納付書を送付しますので、振込をお願いします。
  3. 寄附が確認できましたら、受領証を送付しますので、受領証に基づき、税の申告手続をお願いします。
  4. 本プロジェクトの事業費が確定しましたら、後日確定の報告書を送付しますので、ご確認ください。

問い合わせ

未来プロジェクト課
TEL:0550-82-4349