健康・福祉・子育て

救急医療

御殿場市救急医療センターでのインフルエンザ検査について

新型コロナウイルス感染症による院内感染を極力防ぐこと及び救急搬送等の初期救急対応を優先させていただくため、今年度については救急医療センターにおいて、原則インフルエンザの検査を行いません。ただし、医師の診断により、インフルエンザが疑われる場合は、治療薬(タミフルなど)を処方することがあります。

御殿場小山地域外来・検査センターについて

新型コロナウイルス感染症の流行拡大に備え、PCR検査を必要とする患者に対し検査を実施する体制を早急に整え、検査後、安全に安心して適切な医療を受けられる環境を整備する必要があるため、PCR検査を行うことができる「御殿場小山地域外来・検査センター」を医師会のお力添えを頂き、令和2年6月15日に県と連携して設置しました。

設置場所については、設置場所及び周辺住民への混乱を避けるため、非公開としています。

検査を希望した誰もが受けられるものではなく、新型コロナウイルスの感染が疑われる症状がある方には、かかりつけ医が診察等によって検査が必要と判断した場合に、「御殿場小山地域外来・検査センター」でのPCR検査を御案内します。

これにより、市内の医療機関における院内感染のリスクを軽減できるほか、今後予想される感染拡大への備えとして、市民の皆様の安心に繋げていきます。

なお、近隣の住居と距離を離し、消毒が徹底された設備の中で検査を行いますので、住民の皆様が、このことが原因で、感染症に罹患することはございません。

医療ネットしずおか

「医療ネットしずおか」 休日・夜間当番医検索システム(静岡県健康福祉部)

御殿場市救急医療センター

夜間や休日にけがをしたり、身体の具合が悪くなり緊急を要する場合は、救急医療センターをご利用ください。

なお、入院や手術が必要な重症患者と思われる場合には、救急車(119番)をお呼びください。

診療内容 内科・小児科・外科
診療時間 平日 午後6時から翌日の午前8時まで
土・日曜日 土曜日の午後0時から月曜日の午前8時まで
休 日 前夜から翌朝午前8時まで
年始年末 12月29日から1月3日までの前夜から引き続き
翌日午前8時まで
休診日 4月・8月・12月の第2木曜日

救急医療について

救急医療体制は、夜間及び休日において急を要する傷病者の医療を行うもので、この体制を第1次、第2次、第3次救急医療に大別しています。
救急医療センターは、第1次救急医療施設として昭和58年に開設以来、患者数は40万人を超えています。
第1次救急医療は、手術・入院等を要さない比較的軽度な傷病者の応急処置をするための医療で、内科・小児科・外科については当救急医療センターで診療しています。
救急医療を必要とする傷病者は、現在、確実に増え続けており、救急医療体制のより一層の充実強化が望まれています。
このような状況の中で、救急医療センターの患者には、救急医療を要しない人も多く見受けられます。救急医療は救急患者診療のものです。
救急医療について正しく認識され、日頃から自分の健康や交通事故には十分に注意しましょう。

医療マップ

御殿場市【PDF2M】
小山町【PDF705KB】

AEDとは

日本語では自動体外式除細動器のことをいいます。痙攣し、血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

市内公共施設AED設置MAP

市内公共施設AED設置マップ【PDF3MB】

問い合わせ

救急医療課(救急医療センター)
TEL:0550-83-1111